先頭頁 > 参加方法
見付天神裸祭の参加方法
祭事始め(御斯葉おろし) 地区の潔斎
参加資格
  • 氏子ならばどなたでも参加できます
身なり
  • 白装束(白いシャツや白いズボン・短パンなど)
時間と場所
  • 22時、矢奈比賣神社(見付天神)出発
  • 祭組ごとにきまりがある場合は、それに従って下さい。
掛け声
  • 走る時に「オシ、オシ」と発声する。
  ≫≫祭事の詳細

浜垢離  心身の決済
参加資格
  • 氏子ならばどなたでも参加できます
身なり
  • 禊の際は、町印手拭の鉢巻と晒布の褌を着用してください
  • 参加する祭組の指示により、共通の半被、Tシャツなどを着用してください。
時間と場所
  • 各祭組で指定する時間、集合場所から、バスで福田海岸へ向かいます。時間、場所は、各祭組(自治会)の責任者に確認してください。
注意事項
  • 「浜の清祓い」が済むまで、神事場所後方にて待機してください。
  • 祭組毎に潔斎しますので、勝手に海に入らないで下さい。
  • 祭組や裸祭保存会の役員、ライフセーバーの指示に従ってください。
  • 保安林の樹木を傷つけないで下さい。(処罰の対象となります)
  • ゴミは残さず全て持ち帰ってください。
  • 神社と保存会の役員以外の駐車場はありません。
  ≫≫祭事の詳細

御大祭 (宵祭・鬼踊り・おわたり・還御)
参加資格
  • 浜垢離の海水で心身の潔斎を受けた男子
  • 必ず、氏子の家庭から、各祭組の会所を通して参加すること
    *役員の指示を守らない場合、途中でも排除される場合があります。
身なり
  1. 祭組の印手拭の鉢巻(はちまき)
     <祭組の会所で購入してください>
  2. 晒布(さらし)の腹巻と褌(ふんどし
     <見付地区の商店で販売>
  3. 腰蓑(こしみの)
     <見付地区の商店で販売、又は祭組で製作>
  4. 黒足袋(くろたび)
     <見付地区の商店で販売>
    *白足袋は、神職、御先供、輿番です。間違わないようにご注意下さい。
  5. 草鞋(わらじ)
     <見付地区の商店で販売、又は祭組で製作>
    御大祭当日では、腰蓑や草鞋が入手しにくくなっています。余裕を持って早めに準備してください。
≪中学生・高校生は・・≫
祭組で用意してある白いテープを手首に巻いて参加してください。優先的に危険から保護されます。

≪警固の身なり≫
警固の身なりは、上記に加え、上半身に白丁(白い衣服)をまとっています。分からない事、困った事があったら、必ず警固に相談してください。

裸祭の身なりのイラスト
時間と場所
  1. 各祭組毎に定められた時刻に、身なりを整えて会所へ集合してください。
  2. 道中や拝殿、その他の場所からの直接参加は認められません。
掛け声は? オィショ、オィショ
遵守事項
(しきたり)

 警固長・警固の指示に従い、楽しく祭に参加してください。
    ≪道中にて≫
  1. 練りに加わるときは、必ずその集団の進行方向の後ろから。絶対に前や横から入らないこと。
    ≪道中、及び拝殿にて≫
  1. 練りの集団の中での飲食喫煙は厳禁。
  2. 練りの中には、各祭組の提灯以外は持ち込まない事。
  3. 触番(一番触・二番触・権現)以外の町の者は、絶対に鈴には触れない事。
    ≪拝殿にて≫
  1. 馬塞棒(ませんぼう・拝殿と幣殿を仕切る棒)の上に乗らない事。(神様に尻を向けることは不敬行為となります。)
  2. 堂入りの時以外、鬼踊りする時は白鳥を脱ぐこと。
  3. 鬼踊りで休憩する時は、拝殿より下に降りて休みます。
  4. 鬼踊りで休憩後に再び拝殿に入る時は、正面のスロープから入ります。
    ≪おわたりの時≫
  1. 神輿出御(おわたり)の時は、拝殿の中央を開け、神輿をお送りする事。(消灯後まもなく”おわたり”が始まります。)
  2. 神輿出御後は拝殿から出て、神輿のお供をして総社へ向かう事。(拝殿に残ることは不敬に当たります。)
  3. 神輿には絶対に触れない事。(榊の枝を持った「〆切」の指示に従うこと。)
  4. 神輿が着いた総社の拝殿には、輿番以外は入りません。
  5. おわたりのお供をして総社に到着した後、拝殿前で一練りし、「腰蓑納め」(腰蓑を外し、拝殿前西側に積み上げる)をしてから、祭組へ帰ること。
注意事項
  1. 祭組の手拭は身分を証すものとなりますので、無くさないようご注意下さい。
  2. 腰蓑や草鞋は、ほどけないように、しっかり縛ってください。
  3. 暴力行為は厳禁です。暴力を受けた場合、暴力行為を見た場合は、1人で対応せず、必ず警固に報告してください。
  4. 入墨の肌を露出させる事は威嚇行為となりますので、固く禁止いたします。
  ≫≫祭事の詳細

還御のお供
時間と場所
  • 祭組毎に集合し、辻々で御神幸をお迎えし、後に従ってお供します。
服装・持物
  • 祭組の印半纏をまとい、祭組の提灯を持ちます。
遵守事項
(しきたり)
  1. 神輿の通過時に参拝し、後に付き従います。
  2. 神輿よりも前に出て歩かない事。必ず後ろについてお供をすること。
  3. 神霊振りの際には、神輿の上下に合わせて提灯を上げ下げすること。
  4. 高い所に立って神輿を見下ろさないこと。
  ≫≫祭事の詳細

高校生の参加について

 裸祭に参加する高校生は、祭事始めの1週間前までに、 「見付天神裸祭参加届出書」を、参加する町の自治会長へ提出して下さい。
  「見付天神裸祭参加届出書」の様式は、以下の左の画像をクリックすることによりダウンロードできます。


見付天神裸祭参加届出書・PDF形式ファイルダウンロード PDF形式
get Adbe Reader 印刷して、手書きで必要事項をご記入ください。
 PDF形式でご覧になるためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

見付天神裸祭参加届出書・WORD形式ファイルダウンロード WORD形式
 Microsoft Wordで、書き込みや編集ができます。

見付天神裸祭参加届出書・HTML形式ファイルダウンロード HTML形式
 ブラウザで表示、印刷が出来ます。

この頁の先頭へ